メキシコ湾、紫外線は「極端に強い」へ



英ロンドン動物学会、ロンドン大学、メキシコの海洋科学学際センターの生物学者ら(研究チーム)が2007〜2009年の3年間にわたり、1〜6月にかけてアメリカ カリフォルニア州沖のメキシコ湾で、シロナガスクジラ、ナガスクジラ、マッコウクジラなど約150頭を調査したところ、日焼けしたときに人間の皮膚にできる水ぶくれに似た症状が多くのクジラにみられ、オゾン層の減少による紫外線の増加が原因ではないかと懸念されています。


研究チームはクジラを高解像度カメラで撮影し観察したり、ステンレス製の矢を使ってクジラの皮膚のサンプルを採取し、それを顕微鏡で検査したところ、人間が日焼けしたときにできる水ぶくれのような皮膚の損傷が広く確認され、時間が経過するとともに悪化していきました。


日光への露出時間が長かったクジラほど、紫外線を多量に浴びたせいか?症状はひどく、またほかのクジラよりも皮膚の色が薄いシロナガスクジラの状態がもっとも悪かったとのこと。


皮膚の損傷がクジラの健康に及ぼす影響は今回の研究に含まれていないが、英ロンドン動物学のローラ・マルティネス・ルバッサー氏は「(クジラの皮膚損傷が)増加している原因はこの段階では明らかではないが、原因として考えうるのはオゾン層の減少や雲量の変化だ」と述べています。


メキシコ湾の紫外線レベルは年間を通じて「強い」から「極端に強い」の間を揺れ動いていおり、今後さらなる研究が待たれます。


2010年11月11日:AFPBB Newsより一部引用


クジラは常に水中にいるわけではなく、息継ぎをしたり、子供に餌をやったり、仲間同士でコミュニケーションをとったりするために1日の間でも数時間は海面に姿を現しますので、水中で生活する動物の中でも紫外線を浴びる危険性が非常に高いのです。


それにしてもクジラのような皮膚が丈夫そうな動物でも紫外線の影響で皮膚が損傷するので、クジラ以上に紫外線を浴びている人間も紫外線対策を怠らないようにしなければなりませんね。


ちなみにカバは紫外線から身体を守るために赤(ピンク)の汗をかくことは有名ですが、クジラもいずれは紫外線から身を守るために進化するかもしれません。


動物は変わりゆく環境に対応するため、常に進化してきましたからね。


『この世に生き残る生物は、最も強いものではなく、最も知性の高いものでもなく、最も変化に対応できるものである。』 by チャールズ・ダーウィン




スポンサードリンク

基礎知識

皮膚癌について

影響を受けてなる病気 等

日焼け止めについて

UVケア(対策)

関連ニュース

Q&A

免責事項&リンク集

SNS / bookmarks

サイト更新日


平成29年10月22日

お問い合わせ


Copyright © 2009-2017 UVケア・紫外線対策. All rights reserved