白内障(目の病気)



紫外線(日光)を浴びると皮膚がん、シミ、シワなど、『皮膚(お肌)』に関連する悪影響(害)を思い浮かべますが、それらと同じくらい注意しなければならないのが『白内障(はくないしょう)』などの眼の病気です。


紫外線量の多い地域に白内障患者が多い事も分かっており、WHO(世界保健機関)によると、白内障の約20%は紫外線が原因だと報告していますので、紫外線が白内障と深く関わっていることは疑いようの余地がないのです。


ではなぜ紫外線を目に浴びると白内障の原因となるのか?また白内障とはどのような症状の病気で、治療法にはどのようなものがあるのでしょうか?


 白内障とは?






白内障とは、眼球の水晶体が濁って、視力が低下し、最悪、失明してしまう眼の病気のことで、白内障による失明者のうち、約2%が紫外線が原因で失明しているといわれています。


ではなぜ紫外線が白内障の原因になってしまうのでしょうか?それは・・・


紫外線が眼の中に入る

角膜を透過

紫外線は水晶体で吸収される

長年紫外線を浴び続けると水晶体のたんぱく質に変化が起こり濁ってくる

白内障


水晶体はタンパク質と水分で構成されており、透明で弾力性があり、カメラで言うとレンズの役割をしています。しかし加齢、紫外線などによって透明な水晶体が濁ったり弾力性が低下すると、視力が低下し、物がぼやけて見えたりして、最悪、失明してしまうこともあるのです。


 白内障の症状



白内障の症状としては以下のようなものがありますが、当然、程度によって症状は異なり、症状が進行するスピードは遅く、10年、20年かけてゆっくり進行していくことが多いのも特徴です。ちなみに眼の痛み、充血などの症状はあまり見られません。


目のかすみ

明るい場所だと眩しい

物がぼやける

物が2重3重に見える

視力低下

一時的に近くが見えやすくなる


いずれにしても上記のような症状が出たら早めに眼科で診察を受けましょう!


 白内障の原因



紫外線が白内障と深く関わっているといいましたが、白内障の最も大きな原因は紫外線ではなく『加齢(老化現象)』です。


歳を重ねるごとに水晶体の弾力性が低下し、濁ってくるのです。こればかりは人間の老化現象なので仕方ありません。


ちなみにWHO(世界保健機関)の報告によると、白内障の約20%、つまり5人に1人が紫外線が原因で、残りのほとんどは加齢が原因で白内障(老人性白内障)になっているのです。


~加齢による白内障(老人性白内障)発生率~


50歳代⇒50%が白内障

60歳代⇒70%が白内障

70歳代⇒80%が白内障

80歳代⇒ほぼ100%?が白内障


上記の通り年齢を重ねるほど白内障になってしまう確率が高くなり、80歳以上になると、ほぼ100%の人が白内障になってしまうと言われています。


しかし加齢ではなく、生まれつき水晶体が濁っている『先天性白内障』の方もいますし、比較的若い20代、30代、40代で白内障を発症する方の場合、以下のようなものが原因で白内障になっている可能性が指摘されています。


紫外線
目の外傷
アトピー性皮膚炎
糖尿病
薬の副作用(ステロイド剤・抗精神病薬など)
栄養失調
遺伝
放射線や赤外線照射
ぶどう膜炎などの眼の病気
眼の手術の後


 白内障の治療



水晶体が濁ってくると人間の治癒力で自然に治ることはなく、薬で治すこともできません。


しかし症状が軽い場合などは、点眼薬や内服薬(抗白内障薬)によって白内障の進行を食い止める治療が選択されることもあります。


ただ点眼薬や内服薬はあくまでも水晶体の濁るスピードを遅らせ、白内障の症状が進行するのを遅らせる効果が期待できるだけで、濁りがなくなったり、低下した視力が回復する効果は期待できないのです。


ですので視力低下など白内障の症状が進行して日常生活に支障がある場合は手術するしか選択肢がないのです。


ただ医療技術の進歩によって白内障手術は比較的簡単な部類に入ると言われています。具体的な手術法は・・・


白内障になる(水晶体が濁る)

超音波器で濁った水晶体を砕いて取り除く

眼内(水晶体)レンズを眼の中に挿入



 白内障予防・対策



白内障の手術は比較的、簡単になってきたといっても、やはり少しでも日頃から白内障にならないような生活を心がけたいものです。


もちろん白内障は加齢によって発症する確率が高くなるので、そればかりは仕方ありませんが、紫外線を眼に浴びることによって白内障の発症が早くなる可能性もあるので、日頃からUVカットのサングラスや眼鏡をかけて眼の中に紫外線が入らないようにすることが白内障予防に繋がることは言うまでもありません。


また糖尿病の合併症として白内障になることもあるので、糖尿病にならないような食生活を心掛けたり、眼に強い衝撃を与えないようにすることも大切になってきます。


 紫外線と関係のある目の病気



紫外線を眼に浴びると白内障だけでなく以下のような眼の病気、症状に繋がることもあるので注意が必要です。


○雪眼炎(雪目)


雪眼炎(雪目)とは、雪山や海などで長時間、反射した紫外線を眼に浴びたときに眼の角膜が炎症(角膜炎)を起こす症状のことで、時には激しい痛みを伴うこともあります。光誘発性角膜炎と呼ばれることも。


特に新雪は約85%も紫外線を反射させるので、直射日光を浴びなくても新雪に反射した紫外線を浴びる危険性があるので、スキー、スノボをする際はゴーグルなどで眼を覆うようにしましょう。


○翼状片


翼状片とは、白目の結膜が異常増殖したために黒目まで侵入し、充血したり異物感が出る症状のことで、やはり紫外線を浴びることが多い人に発症することが多いようです。


○加齢性黄班変性症


加齢性黄班変性症とは、網膜組織(黄斑)の異常によって萎縮や血管新生など組織の変性が起こる症状で、紫外線を長期間に渡って眼に浴び続けた人が発症することが多いようです。




スポンサードリンク

基礎知識

皮膚癌について

影響を受けてなる病気 等

日焼け止めについて

UVケア(対策)

関連ニュース

Q&A

免責事項&リンク集

SNS / bookmarks

サイト更新日


平成29年10月22日

お問い合わせ


Copyright © 2009-2017 UVケア・紫外線対策. All rights reserved