日焼け止めのSPF・PAって?



日焼け止め商品(サンスクリーン剤)には『SPF・PA』というものが必ず記載されています。ではこれはどのような意味なのでしょうか?


 日焼け止めのSPF値とは?



SPF(Sun Protection Factor)とは、紫外線防御係数(サンケア係数)のことで、具体的には肌を赤くしたり(サンバーン)、皮膚癌の原因となる紫外線B(UV-B)をどれほどの時間防いでくれるか?といったことを数値化したものです。


ただ1人1人、日焼けするまでの時間は違いますので、SPFの数値がいくらだからといって一概に「何時間、紫外線Bを防いでくれるとはいえない」のです。


例えば・・・


日焼け止めを塗らず20分、紫外線を浴びれば日焼けする人の場合。

SPF15の日焼け止めを塗る
「20×15=300分(5時間)」紫外線Bを防いでくれる。

SPF30の日焼け止めを塗る
「20×30=600分(10時間)」紫外線Bを防いでくれる。


つまり、SPF値が高ければ高いほど紫外線Bを防いでくれる時間が長いということなので非常に良いように思われますが、SPF値が高い日焼け止め商品はその分お肌への負担(刺激)も大きくなりがちなので、闇雲にSPF値が高い日焼け止め商品を選べば良いというものでもないんですね。


また実際問題、紫外線Bを防ぐ力はSPF30あればかなり大きく、それ以上はそれほど防ぐ時間が大きくならないので、SPF30もSPF50も紫外線Bを防ぐ力にそれほど大差はないと言われています。


ちなみに日本の場合、SPF値は最高で「50」までしか表示できないことになっており、SPF50以上の場合『50 +』と表示されています。


SPF値がいくら高くても、汗、皮脂をかいたり、体を動かし服とこすれたりするたびに日焼け止めが落ちて効果がなくなりますので、SPF値が高いからと安心するのではなく、こまめに日焼け止めを塗りなおすことのほうが大切なのです。


 日焼け止めのPA値とは?



PA(Protection grade of UVA)とは、主に肌を黒くしたり(サンタン)、しわ、たるみ(光老化)の原因となる紫外線A(UV-A)をどれほど防いでくれるか?を「+」表示されており、

PA値 効果
PA + UV-A 防御効果がある
PA + + UV-A 防御効果がかなりある
PA + + + UV-A 防御効果が非常にある
PA + + + + UV-A 防御効果が極めて高い


上記のようにの4段階に分かれており(2013年より新基準PA + + + +が追加されました)、「+」表示が1つよりも2つ、2つよりも3つのほうが、より紫外線Aを防いでくれるということです。




スポンサードリンク

基礎知識

皮膚癌について

影響を受けてなる病気 等

日焼け止めについて

UVケア(対策)

関連ニュース

Q&A

免責事項&リンク集

SNS / bookmarks

サイト更新日


平成29年10月22日

お問い合わせ


Copyright © 2009-2017 UVケア・紫外線対策. All rights reserved