紫外線の強い時間帯・季節・場所・地域



皆さんご存知かもしれませんが、人間にとって有害性が強い紫外線(UV-B)は夏の正午頃が最も強くなります。また紫外線量は南ほど多くなりますので、日本の場合、北海道に比べて沖縄は約2倍ほど紫外線量が多いといわれています。


ではその他、どのような条件時に健康(皮膚ガン・白内障)や美容(シミ)に悪影響が強いと言われている紫外線B量は多くなるのでしょうか?


条件 紫外線(UV-B)量
時間帯
正午前後(午前10時〜午後2時)が最も多く、この4時間で1日に降り注ぐ紫外線の約50%以上〜を占めていると言われています。逆に日の入り、日の出付近はかなり少ない。ただ目に入る紫外線は逆に朝、夕方のほうが多いとも言われています。

季節
紫外線Bは春〜秋(3〜9月)が多いが真夏が1番多い。真夏は真冬に比べて紫外線B量が約5倍にもなると言われています!

もちろん冬でも紫外線Bは降り注いでいるので、冬だからといって油断はできません。冬でも長時間、浴び続ければ当然、紫外線Bの悪影響を受けやすくなるので注意が必要なのです。

一方、紫外線Aは紫外線Bほど年間を通して降り注ぐ量に大きな差がありませんが、それでもやはり春から夏にかけて多くなります。

場所
高地(山頂など)ほど太陽に近く、また地表に比べて紫外線を遮るチリ、埃が少なくなるので(空気が澄んでいるので)紫外線B量が多く強くなる。

地域
南ほど紫外線量が多い。日本の場合、沖縄は北海道に比べて年間紫外線量が約2倍に!

天候
紫外線B量は快晴日が最も多いのですが、雨の日でも地上に届いており、雨雲など雲の量が多い場合は快晴日の20〜30%。薄曇りくらいであれば50〜80%ほどの紫外線Bが届いているので、雨、曇りだからといって油断はできません。

空気中の
汚染

工業地帯や排気ガスの多い地域は紫外線量が少なくなる。逆に山頂など空気が綺麗な場所は空気中に紫外線を遮るものが少ないため紫外線量が多い。

地表
新雪は紫外線を約85%も反射させるので、スキー、スノボをするときは特に注意が必要。

アスファルト、コンクリート、水面は約20%、芝生、土などは〜10%と反射率が低いが、ゼロではないので、紫外線は反射するということを頭に入れて紫外線対策を行いましょう!



ちょっと考えてみてください。日頃から日光(紫外線)を浴びる機会が多い人たち、例えば「漁師・農家」などの人は、お肌が真っ黒でシワが同年代の方よりも多い方が目立ちませんか?また日本でも北海道で生活している人と、沖縄、鹿児島などで生活している人、平均的に見るとやはり沖縄などで生活している人たちのほうがシワが目立ちます。


これは紫外線量が北海道と沖縄では約2倍も違うので、沖縄の人たちは北海道の人たちに比べて2倍も紫外線による悪影響(シミ・シワ・皮膚がん・白内障)を受けやすいということなのです。


ちなみに日本の場合、5月頃が最も紫外線量が多いといわれていますが、それは紫外線Aのことで、紫外線B(Aよりも100〜1000倍有害性が強い紫外線)は真夏の7月、8月のほうが多いことが分かっています。もちろん日によっては5月、6月のほうが7月、8月よりも多い日はあります。


また紫外線(A・Bとも)は反射するので、直射日光を浴びなければ大丈夫というものでもありません。日陰(木陰)にいたり日傘をさしていても地上や空気中の埃などに反射、散乱して紫外線を浴びる可能性があるので注意が必要なのです。




スポンサードリンク

基礎知識

皮膚癌について

影響を受けてなる病気 等

日焼け止めについて

UVケア(対策)

関連ニュース

Q&A

免責事項&リンク集

SNS / bookmarks

サイト更新日


平成29年1月11日

お問い合わせ


Copyright © 2009-2017 UVケア・紫外線対策. All rights reserved