紫外線アレルギー(湿疹)



紫外線(日光)を浴びることによってお肌(皮膚)に湿疹が出来たり、赤く腫れあがったり、痒み(かゆみ)を伴う症状が出る方がいます。このような症状を『紫外線アレルギー(日光過敏症・日光性皮膚炎)』と呼ぶことがあります。


紫外線アレルギーなんて聞いたことがない人もいるかもしれませんし、実際のところ、その湿疹や痒みが紫外線が原因かどうかは病院で診察を受けなければ分かりません。皮膚疾患というものは色々な要因が考えられ、複数の要因が重なって症状が出ている場合も多いので、一概に紫外線だけが原因で湿疹や痒みが出ているかは一般人には分からないからです。


 紫外線アレルギー?



それでも紫外線を浴びた時に湿疹が出やすい場合、やはり紫外線が原因の可能性は否定できません。


ただ今までは紫外線を浴びても何でもなかったのに、ある日から突然、紫外線を浴びてから湿疹などが出やすくなることってあるのでしょうか?


そもそもアレルギー(Ⅰ型アレルギー)はある日突然やってくるものです。例えば花粉症の場合、いままでは何でもなかった春先のスギ花粉(アレルゲン)でも、毎年、または毎日少しずつ吸い込むことによって、花粉(アレルゲン)に対抗して身体を守っていた『抗体』が一定量を超えてしまった時、それがアレルギー症状となって突如、現れてくるのです。


ですので紫外線アレルギーの場合も・・・


紫外線を浴びる。

紫外線(アレルゲン)に対して抗体が作られる。

紫外線を浴びるたびに抗体を作って紫外線(アレルゲン)から身体を守る。

抗体が一定量を超えた時にアレルギー症状(湿疹・痒み)が出るようになる。

一度、一定量を超えてしまうと、その後は紫外線を浴びるたびにアレルギー症状が出るようになる。


このような可能性は十分、考えられるのです。ですので子供の頃は紫外線を浴びても湿疹なんて出なかったのに、大人になって急に出るようになった場合、それは抗体が一定量を超えてしまって、紫外線アレルギーと呼ばれる症状が出ているのかもしれないのです。


ちなみにどれほどで抗体が一定量を超えるかは個人差があるので、一概にどれほど紫外線を浴びればアレルギー症状が出るようになるかは分からないんですね。


 紫外線アレルギーの予防と治療



花粉症同様、紫外線アレルギーになってしまうと、完治することはかなり難しいのが現実です。ですので、どのアレルギーにも言えることですが、まずは症状が出ないようにアレルゲン(花粉・紫外線など)に触れないこと。これが非常に大切になります。


花粉症であれば花粉を吸い込まないこと。紫外線アレルギーであれば日焼け止めを塗ったり、長袖を着たり、帽子を被ったり、日傘をさしたりと、とにかく直接、紫外線を浴びないようにすることが、アレルギー症状を出さないようにする最も基本的な予防法なのです。


それでも紫外線を浴びてしまって湿疹が出たり痒みが酷い場合は速やかに皮膚科を受診しましょう。皮膚科での治療は症状によって異なり、症状が軽ければ非ステロイド剤の塗り薬を処方されるかもしれませんし、症状によってはステロイド剤の塗り薬、痒み止めの飲み薬(抗アレルギー薬)が処方されるかもしれません。


ステロイドを塗れば、おそらく湿疹も簡単に治るでしょう。しかしそれは根本的な解決にはなりません。


ステロイドはあくまでも“対処療法”です。ステロイドを塗らなければ湿疹が再発する可能性もありますし、ステロイドによる副作用も気がかりですので、そのあたりを考えて治療を行っていくことが大切なのです。




スポンサードリンク

基礎知識

皮膚癌について

影響を受けてなる病気 等

日焼け止めについて

UVケア(対策)

関連ニュース

Q&A

免責事項&リンク集

SNS / bookmarks

サイト更新日


平成29年1月11日

お問い合わせ


Copyright © 2009-2017 UVケア・紫外線対策. All rights reserved