シミ・シワ



紫外線対策(UVケア)を行う人の多く、特に大人の女性が紫外線対策を行う最も大きな目的が『シミ・シワ・たるみ』などの美容のためだと思います。


紫外線量が多い沖縄、鹿児島などの地域の人は、紫外線量が少ない北海道、青森の人に比べてシワが目立つ傾向にありますし、農業、漁業のように紫外線を浴びる機会が多い人も深いシワが目立ちます。


また紫外線を浴びる機会が多い顔、手の甲、肘に比べて、二の腕、太ももの内側など紫外線をほとんど浴びない部位は、何歳になってもシミなどが出来ず綺麗なことが多いと思います。そうです。紫外線を浴びやすい人、紫外線を浴びやすい部位ほどシミやシワができやすいのです。


このように紫外線とシミ、シワが深く関わっていることは明白で、紫外線を大量に、または長期間に渡って浴び続けることによって、将来的にシミ、シワに繋がる可能性が高くなってしまうんですね。


ではなぜ紫外線を浴びるとシミやシワができてしまうのでしょうか?


 紫外線とシミの関係






紫外線を浴びると『メラニン』と呼ばれる色素が作られます。このメラニンが肌の色を黒く(褐色)するのですが、メラニンは普通、肌のターンオーバー(約28日)によって抜け落ち、黒くなった肌も元通りになっていきます。


しかし紫外線を大量に浴びたり、長期間、浴びる生活をしたりすると、このメラニンが過剰に作られることがあり、過剰にメラニンが作られた場所が『シミ』となってしまったり、出来てしまったシミがより色が濃くなってしまうんですね。


紫外線を浴びる

紫外線から肌を守るためにメラニンが作られる

メラニンによって肌の色が黒くなる

メラニンは肌のターンオーバーにより抜け落ち元の肌の色に戻る

大量の紫外線を浴びた場合メラニンが過剰に作られる

大量の紫外線によって真皮までダメージを受け、色素沈着を起こしシミに!


ちなみにメラニンを作る能力は遺伝によって決まっており、紫外線を浴びても赤くなるだけで黒くならない人はメラニンを作る能力が低いので、しみも出来にくいことが分かっています。しかしメラニンはお肌の細胞を紫外線から守る働きがあるため、メラニンを作る能力が低い人はシミは出来づらくても皮膚癌になりやすいことも分かっているので、より注意が必要なのです!


 紫外線とシワの関係




人間が歳をとれば『シワ』ができるのは仕方ありません。しかし加齢に伴うシワとは別に紫外線が原因で出来てしまうシワもあるのです。これを俗に『光老化』と呼ばれています。


紫外線によってしわができる原因は・・・



紫外線を浴びる

皮膚(肌)の弾力とハリに重要な『コラーゲン・エラスチン線維』が切断される

皮膚が弾力とハリを失いシワになる


上記のようになりますが、子供の場合はコラーゲン、エラスチンを作る能力が高いので、コラーゲン、エラスチンが切断されてもどんどん新しいコラーゲン、エラスチンが作られるので、紫外線を大量に浴びたからといってすぐにシワにはならないのです。逆に大人になればなるほどこの能力が低下するので、少し紫外線を浴びただけでシワが出来てしまうようになるのです。


また子供のころに大量の紫外線を浴びた場合、コラーゲン、エラスチンを作る能力が低下することが分かっているので、子供のころに紫外線を浴びれば浴びるほど、大人になって紫外線が原因でできるシワができやすくなるんですね(早く光老化が起こる)。


さらに紫外線を浴びると細胞内で活性酸素が発生します。みなさんご存知の通り酸素は金属を錆びさせたり油を酸化させ、人間に対してはお肌の艶とハリに重要な『コラーゲン・エラスチン』を破壊し、シワ、タルミを招き、お肌の老化を早めてしまう、人間の健康と美容に深く関わっている非常に厄介なものなのです。


以上のように紫外線を浴びれば浴びるほど、しみ、しわが出来やすくなるので、大人になってシミ、シワを防ぎたいのであれば、子供の頃の若いうちから紫外線対策(UVケア)を行うことが非常に大切になってくるんですね。


 しみ・しわの治療法



出来てしまった『しみ・しわ』を消すことはかなり難しいのが現状です。最近ではエステや美容外科で、


ピーリング
トレチノイン(ビタミンA誘導体)
各種レーザー治療
コラーゲン注入
ヒアルロン酸注入
ボトックス注射
プラセンタ療法


など、出来てしまったシミ、シワを消すと謳っている治療も行われていますが、それぞれにメリット、デメリットがあり、また費用もかかることから、なかなか簡単に手を出すことができないかもしれません。


また最近は色素沈着(シミ)に効果的だとされている高濃度のビタミンCを配合した美白化粧品なども数多く市販されており、長期間使用することによってある程度シミを薄くする効果は期待できるかもしれませんが、当然、1ヶ月程度使用したくらいでシミが完全に消える効果は期待できません。


以上のように出来てしまったシミ、シワを消すことは難しいので、子供の頃からシミ、シワの原因である紫外線を浴びないようにするなど紫外線対策(UVケア)をすることが、大人になってからのシミ、シワ対策に繋がり、歳を取っても若々しく見られるようになるのです。




スポンサードリンク

基礎知識

皮膚癌について

影響を受けてなる病気 等

日焼け止めについて

UVケア(対策)

関連ニュース

Q&A

免責事項&リンク集

SNS / bookmarks

サイト更新日


平成29年1月11日

お問い合わせ


Copyright © 2009-2017 UVケア・紫外線対策. All rights reserved