くもり空・雨でも紫外線はあるの?



曇り空でも紫外線は地上に届いてるの?


雨、曇りの時でも紫外線は地上に降り注いでいます。


紫外線は水分を透過します。ですので雲1つない晴天時に届く紫外線量(悪影響の強い紫外線B)を100%とした場合、薄曇りの場合は50〜80%、雨雲など厚い雲がかかっている時でも20〜30%の紫外線が地表に届いているのです。


また紫外線Bほど有害性は強くありませんが、しわ、たるみなど美容に悪影響があると言われている紫外線A(UV-A)も、雨でも曇りでも紫外線Bとほぼ同様の割合の紫外線が届いています。


天気 紫外線量(紫外線B)
快晴 100%
薄曇り 50〜80%
雨雲 20〜30%


上記の通り、くもり、雨の時でも紫外線を浴びる危険性があるので、くもり、雨だから大丈夫だと油断せず、紫外線対策(UVケア)を行う必要があるのです。


ちなみに雲は水分、空気中の水蒸気が集まってできているものです。紫外線はこの雲を透過します。つまり紫外線は水分を透過するので、プール、海などの水中にいても、紫外線を浴びる危険性はゼロではないんですね(海中の場合、深くなればなるほど紫外線の影響を受けなくなります)。




スポンサードリンク

基礎知識

皮膚癌について

影響を受けてなる病気 等

日焼け止めについて

UVケア(対策)

関連ニュース

Q&A

免責事項&リンク集

SNS / bookmarks

サイト更新日


平成29年1月11日

お問い合わせ


Copyright © 2009-2017 UVケア・紫外線対策. All rights reserved