紫外線対策の必要性

夏に真っ黒に日焼けした子供たちを見ると健康的で元気だなー、と漠然と思うかもしれません。しかしその考えはかなり古く、そして危険だと言わざるを得ません。確かに昔は子供は夏になると日焼けした小麦色の肌が健康のシンボルみたいなイメージがありましたが、紫外線(UV)の影響が明るみになった最近では、いかにして赤ちゃん、こどもを紫外線から守り、日焼けさせないようにするかを考えなければならないからです。

紫外線は「しみ・しわ」の原因になるだけでなく、紫外線アレルギー(湿疹)、皮膚癌、白内障(目の病気)の発症率を高め、皮膚の免疫力を低下させ感染症になりやすくなる、とても恐ろしいものなのですが、日本ではいまだに「シミ・シワ」の原因になると美容の観点から論じられることが多く、アメリカやオーストラリアなど紫外線に対する悪影響、有害性を早くから認識し、赤ちゃん、子供の頃からUVケアを徹底している国々に比べて紫外線に対する意識、対策がかなり遅れているのが現状です。

また日本ではUVケアといえば大人になってから始めるものだと思っている方が多いようですが、実際はいかにして若いうち、子供、赤ちゃんの時からUVケアを行うかが、大人になってからの美容、健康に大きく関わっているのです。

そこで当サイトでは紫外線を浴びることによってどのような影響があるのか?こども、あかちゃんにはどのような紫外線対策(UVケアー)が良いのか?や、日焼け止めクリームの選び方、日焼け止めのSPF・PA、皮膚がん、白内障、オゾン層についての説明、帽子、サングラス(眼鏡)、日傘についてなど、紫外線に関する情報を具体的に、そして分かりやすく解説していますので、健康、美容のために大人の女性、男性の方はもちろん、子供、赤ちゃんがいるご家族の方も参考にしていただければと思います。

基礎知識

皮膚癌について

影響を受けてなる病気 等

日焼け止めについて

UVケア(対策)

関連ニュース

Q&A

免責事項&リンク集

SNS / bookmarks

サイト更新日


平成28年10月4日

お問い合わせ


Copyright © 2009-2016 UVケア・紫外線対策. All rights reserved